ドッグフードの発がん性物質@長期間食べ続けた場合の安全性は?

ドッグフードの発がん性物質

ドッグフードと発がん性物質

 

愛犬には出来る限り元気で長生きして欲しいというのが、飼主さん全ての共通の思いではないでしょうか。

 

健康で長生きするためには必要不可欠なものといえば「食事の中心であるドッグフード」ですね。ドッグフードは犬の生命の源といっても過言ではありません。

 

しかし、ドッグフードは品質によって愛犬の健康を害してしまうものも少なく無いようで、犬の死亡原因の半分以上が「がん」によるものだといった統計があります。

 

こちらの記事では、ドッグフードと発がん性物質の関係について、他サイトとは少し違った免疫システムの観点から詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

犬の死亡原因トップテン

 

まず、犬の死亡原因の統計を見てみると、半分以上ががんでなくなっていることが分かりますね。

 

犬の死亡原因 病名
1位 ガン 54%
2位 心臓病 17%
3位 腎不全 7%
4位 てんかん発作 5%
5位 肝臓疾患 5%
6位 胃拡張・胃捻転 4%
7位 糖尿病 3%
8位 アジソン病 2%
9位 クッシング症候群 2%
10位 突然死 1%

参照:日本アニマル倶楽部さんの「犬・猫 死亡原因病気TOP10」

 

1位が「がん」で2位が心疾患ですが、これは以下の人間の死亡原因とよく似ています。

死亡原因 病名
1位 ガン 30.1%
2位 心疾患 15.8%
3位 脳血管疾患 10.7%
4位 肺炎 9.8%
5位 老衰 3.4%

出典:厚生労働省

 

ここで特に注目したいのが犬・人間とも死亡原因一位になっている「がん」です。人も同じですが、犬の体は食べたもの飲んだものからしか出来ていません。

 

犬の食事の中心に来るものがドッグフードなので、ドッグフードに含まれる発がん性物質についてはとても気になるところです。

 

そこで、ドッグフードに含まれる発がん性物質と、がん発症の関係性について徹底的に調査しました。

 

 

犬ががんになるメカニズム

 

がんの原因は、細胞の核の中にある遺伝子のコピーミスだと言われてています。しかし、遺伝子のコピーミスは健康体でも頻繁に起こっているので、単純にこれだけが原因というわけでもありません。

 

正常であれば細胞内のリソソームという組織がコピーミスをした核酸DNAやRNA、あるいはウィルスや細菌を食べて溶かしてくれるため、コピーミスでがん細胞が発生するのを防いでくれてます。

 

これをオートファジーと言います。このオートファジーの働きには細胞内のミトコンドリアが大きく関係します。ミトコンドリアはATP(アデノシン三リン酸)という「細胞を動かすエネルギー源」を作ってくれます。

 

ミトコンドリアがATPを作ってくれるおかげでオートファジーが正常に働くわけです。また、オートファジーを逃れた遺伝子のコピーミスが、がん細胞を作ったとしても樹状細胞が取り付いて認識し、NK細胞やNKT細胞に指令を送ってがん細胞を殺します。

 

さらに殺したがん細胞の断片を見て抗原抗体反応が起こり、がんに対する抗原ができます。ちなみに、樹状細胞は単球から作られますが、樹状細胞になるにはビタミンAと活性型ビタミンDが必要です。

 

このような二重三重の免疫システムは、ミトコンドリアが出すATPによって正常に働いてくれるので、ミトコンドリア・ATPが壊れてしまうとがん細胞が増殖しがんになるというわけです。

 

参考:よしりんとチョーさんの人生健康サロン
   https://youtu.be/Lt2If_C7ZNc

 

 

がんの原因はドッグフードに含まれる発がん性物質の長期摂取

 

人の場合、がんの原因としてよく挙げられるのが、ストレスやタバコ、アルコールなどですが、実は近代社会における食生活に問題があるという説が有力になっています。

 

前述した通り、人にも犬にも二重三重の免疫システムがあり、その免疫システムを正常に働かせるためにはミトコンドリアが作るATPという細胞エネルギーが必須になります。

 

しかし、このミトコンドリアにダメにして免疫システムにダメージを与えるものがあります。それがドッグフードに含まれる化学物質や石油系の食品添加物であり、PFOS(有機フッ素化合物)なわけです。

 

日本では保存料や着色料に含まれる食品添加物、海外では禁止されている農薬の使用(国内OK)、畜産業で用いられているホルモンなど、基準値以下であれば問題ないとされていますが、市販されるドッグフードの多くに発がん性のある物質が使用されています。

 

しかも、安全性が確保される基準値の算出には、年5年といったような長期間の摂取による体への影響を調べた実験は皆無です。

 

そしてそれが多くのドッグフードで発がん性物質が使われています。このようなドッグフードを食べ続けることで、数年かけてがんを発症してると考えると、犬の死亡原因のトップががんであるというのもうなずけます。

 

 

ドッグフードに使われる原材料がヤバ過ぎる

添加物入り市販のドッグフード

 

ドッグフードに使われている保存料や着色料など、長期間摂り続けることの影響が懸念される食品添加物(発がん性物質)については、多くの情報サイトで取り上げられていますので詳細はそちらに委ねたいと思います。

 

ここでは、実際にドッグフードに使われる原材料についてかなり衝撃的な情報を見つけたので、犬を飼っている皆様にシェアしたいと思います。ドッグフードの原材料表示でよく見かける用語ですが、実際にはどんなものが入っているのでしょうか。

 

キャットフードの安全性にも共通することなので、猫を飼われている方も是非ご覧ください。

 

 

ドッグフードの原材料@肉ミート

処理された動物から取れた汚染されてない肉で、骨格筋、横隔膜、心臓、食道などに見られる横紋筋、付随する皮、腱、神経、血管、脂肪を含んでいても良い。

 

粗悪品の場合は病死や交通事故死した動物の死骸も用いる。また、成長促進剤の人工的な薬品を含んでいる場合もOK。

 

ドッグフードの原材料A肉副産物

動物の体から肉部分を取り除いた汚染されていない、かつ生成されていない組織(肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液)。ただし、毛、角(つの)、歯などは含まれない。

 

粗悪な場合は病気で死んだこのような肺組織、つまり肺がんで死んだ牛の肺など。

 

ドッグフードの原材料B脂肪

腐った脂肪、料理の廃油。

 

ドッグフードの原材料Cダイジェスト

フードの表面に吹き付ける脂肪を加水分解したもの。(※加水分解してる時点でトランス脂肪酸)

 

ドッグフードの原材料D肉骨粉(ミートボーンミール)

肉の他に骨も含んだものを精製したもの。リンを4%含んでいるもの。

 

ドッグフードの原材料Eミートミール

血液、毛、蹄、角、葛皮(くずかわ)、糞、胃腸、胃液で消化されていない残留物が12%以下。

 

病死した動物や事故死した動物の組織を用いている場合もある。この素材はゴミ同然で安価なため。原材料費を抑えドッグフードの量増やしたい場合は、この肉粉ミートミールの量を一番増やす。

 

ドッグフードの原材料F穀物

人間の食用に出来ない穀物。例えば基準値以上の農薬を含んだ穀物や古くなって食用に出来なかった穀物などを用いる。

 

いかがでしょうか、ドッグフードの原材料で一番良質であるはずの肉ミートでも病死や交通事故死した動物の肉が使われていると想像に難しくありません。

 

市販のドッグフードに含まれる食品添加物(発がん性物質)だけにとどまらず、糞を含んだままの腸や血液、毛や骨まで入っているとしたら、ドッグフードの長期摂取でがんになるのも無理はないでしょう。

 

 

コンビニ弁当が容器ごとドッグフードに?

コンビニ弁当

 

フードロスって聞いたことありますよね?賞味期限の切れたコンビニ弁当などが大量に廃棄されてしまう問題のことです。

 

このフードロスを削減するため行われている取り組みの一つに、コンビニ弁当をリサイクルして養鶏場や養豚場などで与える飼料として蘇らせるってやつです。

 

しかし、この処理方法がなかなか曲者で、容器ごと破砕機に放り込み、グチャグチャにした後乾燥させて、風圧でプラスチックなどのゴミを飛ばしてから格安の遺伝子組み換えトウモロコシなどと混ぜ合わせ飼料として製品化します。

 

果たして、食料以外のプラスチックなどが綺麗に取り除かれているでしょうか?また、コンビニ弁当自体はキャリーオーバー制度というものが適用されていて、数々の食品添加物が使われています。

 

ドッグフード原材料に使われている鳥や豚が、このようなリサイクル飼料を使って育てられる肉を使用してるとしたら、これも発がん性物質が含まれることになります。

 

参考・引用:よしりんとチョーさんの人生健康サロン
      https://youtu.be/GHY26vHrmB8

 

 

愛犬の健康を考えるなら手作り食

 

ここまでお読みいただくとご理解いただけるかと考えますが、自然界に存在する食材が一番安心だという結論になります。

 

全てではないですが、市販されている多くのドッグフードには、保存料や香料、着色料などの発がん性物質である食品添加物が含まれています。

 

ドッグフードに含まれる発がん性物質は微量なら健康に影響はないというものの、何年も食べ続けているとミトコンドリアがやられてがんを発症する確率も上がるのは当然です。

 

ドッグフードで使われる原材料に関しても、肉ミートや肉副産物などが決して良質な食材ではないので、自然の魚やお肉と、玄米やさつまいもなど、犬の消化が良い穀物混ぜてをを与えるのが一番です。

 

食事に関して、人にも全く同じことが言えますので食品添加物を避け、自然界の食べ物をとるようにすると、その食材をミキサーで細かくしたりなどで、別途食材を用意する必要がなく、手間が省けるはずです。

 

次は、いろんなご事情で手作りが難しい方向けに、発がん性物質の心配がないおすすめなドッグフードをご紹介します。

 

 

発がん性物質の心配がないみらいのドッグフード

みらいのドッグフード

 

発がん性物質の心配がないフードとしておすすめできるのが、みらいのドッグフードです。

 

みらいのドッグフードは自然の森という製薬会社が販売する「和漢ドッグフード」で、臨床栄養学や東洋医学の漢方を取り入れた国内最高レベルの無添加ドッグフードで発ガン性物質の心配がありません。

 

新鮮な魚や鹿肉と、酸化しないオメガ3油や、霊芝・花びらダケ・冬虫夏草・ヤマブシダケ・メシマコブ・シイタケ菌糸体・ナットウキナーゼ・玄米・乳酸菌・オリゴ糖・青パパイヤ・キャッツクロ―他といった和漢食材が使われています。

 

和漢食材は免疫を元気づける働きがありますが、同時に「免疫枯渇」という問題があることも分かっているため、それを防ぐために商品ごとに配合を変えているとのことです。

 

また、みらいのドッグフードは口腔ケアにも着目し「マウスクリーンパウダー」が付属されます。なぜ口腔ケアが良いのかと言うと、ウィルス感染などは口腔内の菌にウィルスが取り付いて体内へ侵入します。

 

侵入したウィルスが各臓器で炎症を起こして病気を発症します。口腔環境の良い状態であれば、唾液が出て消化も良く善玉菌が優勢になり腸内環境も整えやすくなります。(免疫細胞の7割が腸に集中する)

 

唾液が正常に出ていれば菌が繁殖しないので、ウィルスをシャットアウトすることが出来ます。逆に歯周病などがあるとウィルス感染しやすくなるというわけです。

 

さらに、既に病気を発症した犬にも対応した療法食を含めて13種類ものラインナップが揃っています。公式直販サイト限定で、14日間の返金保証と定期縛り無しの最大40%割引定期購入が用意されています。

 

定期便の一時休止や種類変更(腫瘍用⇒腎臓用)はいつでも可能で、定期購入1回だけの注文でもペナルティは有りません。

 

では、13種類ひとつひとつご紹介します。※すべて公式直販でのご紹介です。

 

1,長寿サポート

みらいのドッグフード長寿サポート

 

幼犬〜成犬(7歳以下)
・マウスクリーンパウダー付

健康長寿レシピの和漢健康レシピのドッグフード。世界貼る初の犬のマクロビ食材を取り入れ、高級鹿肉や平飼いチキン、青魚などの生肉や多品種のスーパーキノコ、高層や乳酸菌、サプリ成分や漢方素材を食事として一緒に摂取出来る無添加健康ドッグフード。

 

長寿サポート原材料

生肉(鹿,馬,魚,鶏),玄米,大麦,国産雑節,サツマイモ,ヤシ,胡麻,菜種油,ビール酵母,和漢植物【紅豆杉,田七人参,朝鮮人参,霊芝,アガリクス,冬虫夏草,チャーガ(シベリア霊芝),ハナビラタケ,プロポリス,発酵グルコサミン,オルニチン,アルギニン,ジャバラ,DHA,亜麻仁,クコの実(ゴジベリー),ウコン,当帰の葉,ケイヒ,菊の花,八角,紅花,シロキクラゲ,メシマコブ,山伏茸,マイタケ,カワラタケ,タモギタケ,クランベリー,ノコギリヤシ,ユーグレナ(ミドリムシ),ノニ果実,菊芋,クマザサ,ヒハツ,ナツシロギク,ヨモギ,クロガリンダ,タヒボ(紫イペ),板藍根,桑の葉,山芋,イチョウ葉,甜茶,アムラ,キダチアロエ,ザイレリア,レンセンソウ,ドクダミ,ガジュツ,キバナオウギ,大麦若葉,吉野葛,カミツレ,陳皮スギナ,サラシア,ギムネマ,大棗(ナツメ),ハトムギ,ウラジロガシ,蝦夷ウコギ,ギョクチク,グアバ葉,枸杞の葉,ケイケットウ,ゴカヒ,杜仲の葉,タラコンピ,南蛮の毛,ハスの葉,バナバ葉,ニンドウ,バイキセイ,枇杷の葉,バンカ,オリーブ,ジャーマンカモミール,ネトルリーフ,ダンデライオン,ローズレッドペダル,チョウジ,マタタビ,生姜,ウイキョウ,サンザシ,ライフクシ,サンシシ,ハス胚芽,ガイヨウ】,サチャインチオイル(耐熱性オメガ3脂肪酸),海藻(フコイダン),イヌリン,セルロース,リジン,メチオニン,乳酸菌,オリゴ糖

 

マウスクリーンパウダー原材料

米粉,グロビゲンPG,ビール酵母,乳酸菌群(フェカリス菌・FK-23等), エリスリトール,オリゴ糖,納豆菌
※米粉は無農薬玄米、オリゴ糖はフラクトオリゴ糖を採用。両方とも「難消化性」の性質を有し「ブドウ糖に変換されにくい」「血糖値が上がりにくい」原料を使用。

 

\コチラから/

 

 

2,シニアサポート

みらいのドッグフードシニアサポート

シニア犬のための最適なたんぱく質・脂肪・代謝カロリーバランスに配合。低タンパク質フードが必要な犬に対しても安心です。

・マウスクリーンパウダー付

 

\コチラから/

 

 

3,特別療法食G・A・N(がん)

みらいのドッグフードがん療法食

愛がん犬の栄養回復のための和漢食事療法。腫瘍の食事ポイントを押さえた特別療法食。がんはブドウ糖などの糖質が栄養源なので、糖質制限、低脂質高たんぱく、糖質に代わる栄養源の高脂質(オメガ3脂肪酸)配合。免疫力キープに働きかける多品種キノコや、腫瘍時の推奨栄養レベルを無添加漢方素材で実現。

・スーパーオメガ3パウダー付

 

スーパーオメガ3パウダー原材料

亜麻仁粉末、DHA粉末

 

\コチラから/

 

 

4,特別療法食SI(心臓用)

みらいのドッグフード心臓用

心臓病(心臓肥大や僧帽弁幕閉鎖症)及び心臓病に起因する病気のための特別療法食SI。ナトリウム・リンを制限、タウリン・L-カルチニン・亜鉛の補給、カリウム・マグネシウム・鉄分調整で、犬の心臓疾患をケアします。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

5,特別療法食J(腎臓用)

みらいのドッグフード腎臓用

慢性腎不全など腎臓のトラブルに起因する病気トラブルに対応した特別療法食J。タンパク質・ナトリウム・リンを制限、オメガ3脂肪酸や漢方素材&無農薬のマクロビ原料を使った和漢レシピで酸化や炎症に配慮したフード。

 

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

6,特別療法食KA(肝臓用)

みらいのドッグフード肝臓用

犬の肝臓病や胆のう疾患、肝臓がんなどのため調合された特別療法食KA。低タンパク質・低脂肪・低ナトリウムで漢方&マクロビ素材とオメガ3脂肪酸を配合した和漢食事療法用フードです。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

7,特別療法食SU(膵臓用)

みらいのドッグフード膵臓用

犬の急性&慢性膵炎に向けた特別療法食SU。併発リスクの高い「甲状腺機能低下症」「クッシング症候群」「高脂血症」「細菌・ウィルス・寄生虫感染」などに対応した特別療法食。高消化で低タンパク質、低糖質・低脂肪、口腔ケアで、膵炎や、膵炎と併発しやすい疾患のケアも可能。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

8,特別療法食IC(胃腸用)

みらいのドッグフード胃腸用

蛋白漏出性腸症、炎症性腸疾患(IDB)・下痢・便秘がちなど、胃腸消化器官対応特別療法食IC。過剰なタンパク質や食物繊維、脂肪やアレルゲン原料を抑え、腸活を即し優しくケア。高消化性の中タンパク質、低脂肪でアレルゲンフリー。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

9,特別療法食TO(糖尿病・白内障用)

みらいのドッグフード糖尿病・白内障用

糖尿病や糖尿病に起因する白内障や網膜症のための特別療法食T0。高消化性のタンパク質・低脂肪・低脂質・口腔ケアでブドウ糖コントロールの特別な配合レシピです。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

10,特別療法食KE(結石・膀胱炎用)

みらいのドッグフード結石・膀胱炎用

ストルバイト結石や結石に起因する膀胱炎向けの特別療法食KE。ペーハーコントロール、漢方&マクロビ原料、オメガ3脂肪酸で、食事から結石や膀胱炎をケアします。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

11,特別療法食H(骨関節用)

みらいのドッグフード骨関節用

骨や関節の疾患、ヘルニア、関節炎、脱臼を予防&ケアする特別療法食H。骨成分のグルコサミン・コンドロイチン・MSMや、関節軟骨成分のプロテオグリカン・コラーゲン・ヒアルロン酸、良質な鹿肉のタンパク質やビタミンE他、複数の抗酸化栄養成分で骨や関節疾患のケアや予防を行います。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

12,特別療法食A(皮膚・アレルギー用)

みらいのドッグフード皮膚・アレルギー用

皮膚炎やアレルギー、アトピーなどの皮膚トラブル向けに配合した特別療法食Aです。脂漏症・膿皮症・外耳炎・鼻炎・皮膚炎・涙やけ・かゆみ・下痢・嘔吐・アレルギー・アトピーに対応し、アレルゲンカット、オメガ3脂肪酸、マクロビ原料で食事からアレルギーや皮膚疾患をケアします。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

13,特別療法食D(ダイエット用)

みらいのドッグフードダイエット用

腸内環境の悪化や、肥満、高血糖でダイエットさせたい場合の特別療法食D。低脂質・低カロリー、マクロビ原料、オメガ3脂肪酸で愛犬のダイエットをサポートします。

・マウスクリーンパウダー付

\コチラから/

 

 

まとめ

 

ドッグフードに含まれる発がん性物質の影響についてお伝えしてきましたが、ドッグフードを大量生産で全国に流通させるには発ガン性のある物質だと分かっていても、フードが腐らないように保存料を入れたり、コストを抑えるため安い原材料を使用するのが常識になっています。

 

人用の食べ物や飲み飲み物でも、200年の7月から原材料の人工添加物や合成着色料表示義務から、「人工」や「合成」の文字を表示をしなくて良いことになりました。

 

ドッグフードでは公正取引協議会でルール化され、全ての原材料表示が義務付けられていますが、原材料を確認すると製品によって様々な添加物が使用されていることが分かります。

 

(※2021年6月よりペットフード安全法が施工され、法律によって使用した添加物の表記が義務付けられました。詳しくは⇒市販されるキャットフードの安全性。)

 

発がん性物質である添加物も、確かに微量であれば即座に影響は出ないかもしれませんが、長期間摂取し続けたら良くないに決まっています。

 

やはり、自然由来で新鮮な肉や魚、消化に負担にならない穀物などで手作りするか、ご紹介したマクロビオティック思想のみらいのドッグフードなどを与えるようにしたほうが良いでしょう。

 

 

最後に

 

ドッグフードだけでなく人間も同じで、コンビニ弁当やお菓子、ジュース・ケーキなど発がん性物質入りの人工添加物を避け、自然由来の食事で免疫システムを壊さない食事を心掛けたいところです。

 

ミトコンドリアが免疫システムを正常に機能させる要だという話は前述した通りですが、このミトコンドリアを元気にする方法として、水素水の活用が挙げられます。

 

水素は美容効果だけでなく、活性酸素を除去しミトコンドリアの活性や肝機能の向上を促進する作用があります。

 

\詳しくはこちらをご覧ください/

 

また、今シリカ水が話題になっていますが、シリカ(ケイ素)も美容効果だけでなく、リンパ球を元気にしてインターフェロンタンパクを活性化させる働きがあります。インターフェロンは免疫システムの一つで体内の悪い細胞などをやっつける大切なタンパクです。

 

\シリカはこちらで詳しく解説/