安心な牛乳の選び方@案外知らないホルモン剤や加熱殺菌の話

安心な牛乳の選び方

安心な牛乳

 

小さい頃、毎日給食で飲んでいた牛乳は、成長期や骨を丈夫にするカルシウム補給に最適な健康飲料として広く浸透しており、様々な商品が様々な場所で売られています。

 

牛乳に似た商品で、加工乳や乳飲料があげられますが、加工乳は生乳に脱脂粉乳やクリーム・バターなどを加えた製品で、乳飲料は牛乳や乳製品にコーヒーや果汁などを加えたものなので、純粋な牛乳ではありません。

 

牛乳の種類は、特別牛乳・成分無調整・成分調整・低脂肪・無脂肪など5種類に分けられますが、どれを選べば良いのでしょうか。牛乳を選ぶ時、こういった種類に目が行きがちですが実はもっと重要なポイントがあります。

 

こちらの記事では、牛乳を選ぶ時に本当に重要なポイントに絞って解説していきますので、真の意味で健康志向の方のお役に立てれば幸いです。

 

 

牛に使われるホルモン剤のリスク

 

アメリカでは牛が早く成長するようにと、人工エストロゲン(ステロイドホルモンの一種、または女性ホルモン)をエサに入れたり注射したりしています。

 

日本で生産している牛の220倍から400倍程度のエストロゲンが精肉から検出されているというデータが存在するそうです。(日本の乳牛には全てではないですが性腺刺激ホルモン(エストロゲンを誘発)が使用されています。)

 

1971年に日本で開業した日本マ〇〇ルドをはじめ、多くの国民がアメリカ産牛肉を食べるようになって5年ほど経過した1976年〜1977年あたりから、日本のがん患者が約50倍も増加しているという事実があります。

 

子宮体癌とか前立腺癌とか乳がんは、人工エストロゲンには強い発がん作用があることもわかっています。

 

この他、近年における食生活の変化により、保存料や着色料、香料などの食品添加物や、海外に比べ基準値の甘い農薬使用なども要因になっていると思われます。

 

「国立がん統計センターの統計を見ると死亡率は低下しているようですが、高齢化もあるとはいえ死亡者数も明らかな増加(約50倍程度)し続けています。
参考統計:https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html 」

 

 

神経系への影響

ちなみに、多価不飽和脂肪酸や人工エストロゲンはアルデヒドが多く、アルデヒド自体神経毒なので、食べ続けると発がんのリスクだけでなく、手の震えなどの神経症状がでることもあります。

 

ここまでの参考:チョーさんの真の健康情報チャンネル
( https://youtu.be/1wpsVNPskgw )

 

 

安全対策のはずの高温殺菌は身体に良くない?

 

牛乳は牧場から全国各地の小売店の店頭に並ぶため、安全対策として高温殺菌処理をしている製品がほとんどでしょう。

 

しかし、牛乳に含まれるタンパク質は熱を加えると酸化してしまいます。タンパク質が変性(酸化)すると、肝臓が疲労を起こしやすくなります。

 

肝臓は、栄養代謝機能とか解毒作用とか胆汁の生成をするなど、大事な役割を担っている臓器なので、肝臓疲労は毛細血管やリンパ管の詰まり、代謝トラブル等々、様々な病気の原因になります。

 

ちなみに、前述したエストロゲンなどのホルモンは、加熱殺菌処理をしても無くなることはありません。

 

参考:まーてる先生:
(https://youtu.be/OPPZU8YC7FY 1時間45分22秒あたりから)

 

 

牛が食べている飼料(エサ)にも注意が必要

 

飼料に使われる遺伝子組み換えトウモロコシ・大豆・大麦などは自然のものと同様、DNAやタンパク質が牛の胃で消化し排出されるため、安全性に問題はないとされています。

 

しかし、なぜわざわざ遺伝子組み換えが必要なのでしょう。それは強力な農薬で食物が枯れてしまわないよう、人工的に食物のDNAを組み換えたほうが、手間が掛からず大量に栽培できるからにほかなりません。

 

自然栽培する食物に比べ、濃度が高い農薬を使用するために遺伝子組み換え技術を使用しているというわけです。

 

また、配合飼料等の原材料へも残留農薬や添加物などが入っているものが殆どです。

 

 

安心な牛乳の選び方

 

前述した内容を踏まえた、安心で高品質な牛乳の選び方は以下の通りです。

1,ホルモン剤を使っていない牧場の牛乳を選ぶ。

 

2,健康な牛を飼育している牧場のものを選ぶ。

 

3,高温殺菌処理をしていない牛乳を選ぶ。

 

4,自然の草や穀物などを飼料に使った牛の牛乳を選ぶ。

 

次は、おすすめ出来る牛乳や乳製品について詳しく解説していきます。

 

 

おすすめな牛乳や乳製品は「なかほら牧場」

なかほら牧場の牛乳

 

岩手県岩清水町にあるなかほら牧場では、通年365日昼夜問わず放牧で牛を育てています。

 

山地酪農という方法を採用していて、乳牛には外来種の牧草や一般的に流通している飼料を全く使わず、放牧地に生育する野シバや木の葉、野草といった農薬が使われていない自然の草を食べて育っています。

 

体は小さく乳量が少ないため国内では1%と、ほとんど飼育されていないジャージー牛を中心に飼育していますが、ジャージー牛のミルクの味は格別です。

 

では、なかほら牧場の牛乳や乳製品がおすすめ出来るポイントについて、それぞれ詳しくお伝えします。

 

@ホルモン剤一切不使用

 

長期的な悪影響が懸念されているホルモン剤は一切使用せず、自然のまま育てています。

 

 

A24時間365日の放牧で健康状態の良い乳牛

 

牛舎に戻さず、通年を通して朝も昼も夜も130ヘクタールの広大な土地に放牧しています。放牧の多いイメージがある北海道ですら放牧している牧場は全体の7%、本州では数件を数える程度なので、健康的で免疫状態も良好な牛が育つわけです。

 

 

B牛乳のタンパク質が酸化しにくい低温殺菌

 

市販されている牛乳のほとんどが120℃〜130℃という超高温殺菌(1秒〜3秒)を行っているのに対し、なかほら牧場では63℃〜65℃の低温殺菌(30分間)を採用しています。

 

低温殺菌は風味を飛ばさずタンパク質変性もほとんどおこりません。ただ、殺菌時間が長く手間がかかるため、低温殺菌を採用する牧場はあまりないのが現状です。手間も暇もコストも惜しまず、良い物を届けたいという精神が見て取れますね。

 

 

C添加物や農薬の心配がない自然のエサ

 

広大な土地で365日24時間放牧されている牛は、残留農薬や添加物の入った飼料を一切口にすることはありません。

 

山地酪農という国内でも希少な酪農方法で、放牧地に自然生育した野シバや木の葉、野草といった草食動物本来の天然のエサを食べて育ちます。

 

\おすすめ牛乳や乳製品はこちら/

なかほら牧場

 

 

 

妊娠中は牛乳など乳製品の摂りすぎには注意が必要

 

赤ちゃんを授かった妊婦さんは、乳製品の摂り過ぎに注意が必要です。ほどほどならば問題ないですが、低温殺菌であっても乳製品(牛乳・ヨーグルト)のポリペプチド(焦げたタンパク質)が、赤ちゃんに伝わって肝臓疲労を起こし、アトピーになるリスクがあるそうです。

 

また、お子さんの背が早く伸びるようにと思って牛乳をたくさん飲ませることも、逆に成長を止める可能性があります。牛乳にはカルシウムとリンが多く含まれていますがマグネシウムが含まれていないため、ミネラルバランスを崩してしまうとのこと。

 

背を伸ばすなら卵や大豆系食品もバランスよく摂ることが大事です。いずれにしても、摂取してはダメということではなく「摂り過ぎ」がダメということです。

 

 

参考:まーてる先生:
(https://youtu.be/OPPZU8YC7FY 1時間45分22秒あたりから)

 

 

まとめ

 

一般的に市販されている牛乳のリスクや、安心して飲める牛乳の選び方などについてお伝えしてきましたが、牛乳の品質はそれを作る乳牛の品質で決まるということがわかります。

 

ホルモン剤や、間接的とはいえ添加物や農薬などが加えられた牛乳を飲み続けるのは避けたいところです。

 

大袈裟かもしれませんが、化学物質や農薬をコップの水に1滴たらして毎日飲むと想像すると、とてもじゃないけど口にするのも嫌になります。

 

太陽の下で自然の植物を食べて暮らしている健康な牛から絞った牛乳が一番です。欲を言うなら生乳ならもっと良いですが、流通や菌の問題もあるのでやはり、今回ご紹介した「なかほら牧場の牛乳」がおすすめです。

 

 

\おすすめ牛乳や乳製品はこちら/

なかほら牧場

 

 

 

最後に

 

こちらの記事では牛乳について詳しくお伝えしましたが、食品添加物や残留農薬の問題は人の食生活にも悪影響を及ぼしているのは間違いありません。

 

食品添加物や残留農薬は、人のミトコンドリアをはじめ自然免疫システムを徐々に壊してしまうため、コンビニ食品やスナック菓子だけ食べているとか、ジュースばかり飲んでいるとかだと病気になる確率が上がってしまいます。

 

そこで大切になってくるのが、なるべく自然のものを食べることや、自然免疫を落とさないようにすることです。

 

自然免疫を落とさない方法のひとつとして、肝機能を正常にしミトコンドリアを元気にする水素水について詳しく解説した記事をまとめました。

 

⇒ 水素水の効果を徹底解説!

 

また、免疫システムで大活躍するインターフェロンの活性について役立つケイ素(シリカ)についても詳細をまとめているので、併せてご覧になってみて下さい。

 

シリカ水の効果を徹底解説!美容と免疫に作用する仕組み